auでんき評判|電気料金は安くなりません!要チェックポイントまとめ

auでんき評判

電力会社の切り替え先として『auでんき』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような切り替え前の気になる疑問や不安について解説していきます。

  • どのような特徴があるのか
  • 他の電力会社との比較
  • 気になる口コミや評判
この記事を読む前に

  • 供給エリア
  • 離島を除いた全国エリア

  • 初期費用
  • 0円

  • 解約金
  • 0円

  • 支払い方法
  • 口座振替、クレジットカード

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

auでんきとは

auでんきHP

みなさんご存知の大手通信キャリアKDDIの新電力サービスが『auでんき』。
KDDIは2014年に電力子会社を設立し、大型マンションなどに電気を供給してきました。

気になる料金面はというと、東京電力エリアの新電力の中では平均を大きく下回る水準です。auでんきに切り替えても電気代自体は現在と変わりませんが、電気代に応じたPontaポイントが付与されます。

【メリット・デメリット】口コミや評判からみるauでんき

メリット・デメリット

はじめに、「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
・電気料金が安くなる
・大手にはない独自の特典、料金プラン

デメリット
・倒産、撤退してしまう可能性が大手と比べて高い
・かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

【メリット】auでんきの強みや特徴

メリット

・電気代に応じてPontaポイント付与
・独自アプリで電気代節約

電気料金に応じてPontaポイント付与

auでんきは毎月の電気料金に応じてPontaポイントが付与されます。

ポイント還元率は以下の通りです。

auでんきの電気料金に応じたPontaポイント還元率
引用元:auでんき公式サイト

独自アプリで電気代節約

毎月の電気代はもちろん、30分単位で電力使用量を把握することができます。

他社の場合はアプリではなくWEB上で確認する必要があるので少々手間がかかる分、auでんきならではの強みといえるでしょう。

auでんきアプリ

【デメリット】auでんきを契約する際の注意点

デメリット
特にデメリットというものはありませんが、強いていうのであれば
新電力の中では平均を大きく下回る料金水準
というところくらいでしょうか。

安いって評判はホント?auでんきと大手電力会社の電気代比較

電気料金

auでんきと各エリアの大手電力会社の世帯別年間電気代の比較になります。

auでんきのでんきMプランは各エリアの大手電力会社の一般家庭向けの料金プランである従量電灯プランと同じ料金設定がされています。なので大手電力会社を利用している方であれば、auでんきに切り替えたところで安くなるわけではありませんが、電気代に応じてPontaポイントが付与されます。

当サイトではauでんき利用時の電気代に応じて付与されるPontaポイントを1ポイント=1円として試算しております。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア -528円
53,064円
-6,660円
126,768円
-7,884円
150,024円
-9,108円
173,280円
-10,332円
196,536円
東北電力エリア -432円
43,356円
-5,544円
105,372円
-6,612円
125,832円
-7,692円
146,280円
-8,772円
166,728円
東京電力エリア -444円
44,580円
-5,712円
108,744円
-6,804円
129,432円
-7,896円
150,108円
-8,988円
170,796円
中部電力エリア -456円
45,888円
-5,628円
107,136円
-6,660円
126,612円
-7,680円
146,100円
-8,712円
165,576円
北陸電力エリア -384円
38,928円
-2,856円
92,544円
-5,616円
106,752円
-6,456円
122,880円
-7,308円
138,996円
関西電力エリア -384円
38,544円
-5,112円
97,320円
-5,976円
113,676円
-6,840円
130,032円
-7,704円
146,388円
中国電力エリア -396円
39,672円
-5,352円
101,844円
-6,240円
118,692円
-7,128円
135,540円
-8,016円
152,388円
四国電力エリア -408円
40,884円
-5,400円
102,768円
-6,312円
120,156円
-7,236円
137,532円
-8,148円
154,920円
九州電力エリア -396円
40,176円
-5,064円
96,216円
-6,024円
114,456円
-6,984円
132,696円
-7,944円
150,936円
沖縄電力エリア -444円
44,928円
-5,736円
109,200円
-6,660円
126,564円
-7,572円
143,928円
-8,484円
161,304円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

【申し込み方法】auでんきへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればauでんきの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

関連ページ:たったコレだけ?!意外と知らない簡単な電力会社の切り替え方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次