ハチドリ電力の評判は?新電力会社で働くサラリーマンがわかりやすく解説

現在、ハチドリ電力は新規の申し込み受付を一時的に停止しております。

当サイトでは、別ページにておすすめの新電力会社ランキング電気料金の節約額が一目でわかる一覧表を掲載しているので、新電力への切り替えを検討されている方はそちらをご覧ください。

また、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』のご利用もおすすめです。ギフト券やキャッシュバック、万が一電気料金が高くなった場合の返金保証などが特徴。

電力会社の切り替え先として『ハチドリ電力』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安についてわかりやすく解説していきます。

  • ハチドリ電力の特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較
ハチドリ電力契約前の確認事項
供給エリア

全国エリア(沖縄、離島を除く)

初期費用

0円

解約金

0円

支払い方法

クレジットカード、口座振替

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

目次

ハチドリ電力とは

ボーダレス・ジャパンの新電力サービス『ハチドリ電力』。同社は世界13ヵ国で社会問題に取り組み、地球温暖化を解決するために新電力サービスを開始しました。CO2排出量0のエネルギーを使用し、電気代の1%を社会貢献活動に寄付することができます。

気になる料金水準ですが、他の新電力会社と比較すると電気代は高いです。もちろん、大手電力会社と比較すると電気代は安くなり、さらに地球温暖化の解決や社会貢献活動に寄与することができます。

・電気代は他社新電力と比較すると高い
・CO2排出量0
・電気代の1%を社会貢献活動に寄付
・オール電化プランあり

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【メリット・デメリット】口コミや評判からみるハチドリ電力

新電力会社のメリット・デメリット

「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
  • 電気料金が安くなる
  • 大手にはない独自の料金プラン・特典
デメリット
  • 倒産・撤退してしまう可能性あり
  • かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

新電力会社について詳しく知りたい方↓
● 【徹底解説】新電力とは一体何?基礎的な仕組みなどわかりやすく解説

【メリット】ハチドリ電力の強みや特徴

メリット

ハチドリ電力のメリットは以下です。

  • CO2排出量ゼロプランあり
  • 社会貢献活動に寄付できる

CO2排出量ゼロ

ハチドリ電力はCO2排出量ゼロの電気のみを販売しています。
CO2排出量ゼロとはCO2排出係数ゼロのことを指します。再エネ指定の非化石証書購入により実質的に自然エネルギー100%の電気供給を指します。

電気の発電は火力発電がメインで、一般家庭からのCO2排出量は電気からが半分を占めていると言われています。なので、CO2排出量ゼロの電気を利用することで地球温暖化に大きく貢献することができます。

社会貢献活動に寄付できる

ハチドリ電力を利用した場合、あなたが毎月支払う電気代のうち1%を世界13ヵ国61団体(2021年9月時点)の中から選んで寄付することができます。

寄付する支援団体はテーマ、地域から選ぶとができ定期的に支援団体から活動報告を受け取ることができます。他社にも電気代の一部を寄付することができる料金プランはありますが、ハチドリ電力の方がよりリアルに自身の寄付が実感できるのではないでしょうか。

【デメリット】ハチドリ電力を契約する際の注意点

デメリット

ハチドリ電力のデメリットは以下です。

  • 電気料金の安さは他社新電力に見劣りする
  • オール電化プランを選ぶ方は要注意

電気料金の安さは他社に見劣りする

ハチドリ電力の一般的な料金プランである、スタンダードプランは他の新電力会社と比較すると平均的な電気代より高くなってしまいます。なので、とにかく電気代を安くしたいという方にはおすすめすることができません。

電気代を安くしたいのであれば、各地域ごとに【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキングを紹介しているページを用意しているので、そちらをご覧ください。

オール電化プランを選ぶ方は要検討

自宅がオール電化でオール電化用の料金プランを選ぼうとしている方はちょっと待って下さい!

基本的に、東京電力や関西電力のような大手電力会社から新電力会社に切り替えることで電気代は安くなるのですが、オール電化プランを選ぶ際は電気代がかえって高くなってしまう場合があります。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【比較】安いって評判は本当!ハチドリ電力と大手電力会社

電気料金
1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア-516円
53,076円
-1,944円
131,484円
-2,448円
155,460円
-2,964円
179,424円
-3,468円
203,400円
東北電力エリア-408円
43,380円
-1,548円
109,368円
-1,992円
130,452円
-2,436円
151,536円
-2,880円
172,620円
東京電力エリア-432円
44,592円
-1,608円
112,848円
-2,076円
134,160円
-2,532円
155,472円
-3,000円
176,784円
中部電力エリア-456円
45,888円
-1,584円
111,180円
-2,016円
131,256円
-2,448円
151,332円
-2,880円
171,408円
北陸電力エリア-372円
38,940円
-1,332円
94,068円
-1,680円
110,688円
-2,040円
127,296円
-2,388円
143,916円
関西電力エリア-396円
38,532円
-1,536円
100,896円
-1,968円
117,684円
-2,400円
134,472円
-2,832円
151,260円
中国電力エリア-408円
39,660円
-1,608円
105,588円
-2,052円
122,880円
-2,496円
140,172円
-2,940円
157,464円
四国電力エリア-420円
40,872円
-1,620円
106,548円
-2,076円
124,392円
-2,544円
142,224円
-3,000円
160,068円
九州電力エリア-396円
40,176円
-1,416円
99,864円
-1,812円
118,668円
-2,208円
137,472円
-2,604円
156,276円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

ハチドリ電力の最新キャンペーン情報

現在、キャンペーンは実施されていません。(2022/11/1時点)

少しでもお得に電力会社へ切り替えたい場合は、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』を利用するのがオススメです。エネチェンジを使って電力会社の切り替えを行うことで、キャッシュバックやギフト券を受け取ることができます。

ご利用エリアや電力使用状況、生活スタイルに関する質問に回答するだけで、あなたに適した電力会社を選び、申し込みを行ってくれます。

「初めての電力会社切り替えでどの会社・プランを選んだらいいかわからない。」、「少しでもお得に乗り換えたい。」という方にはぴったりです。エネチェンジ公式サイトはこちら

エネチェンジの特徴
  • 適した電力会社を選んでくれる
  • キャッシュバック、ギフト券がもらえる
  • 電気料金が高くなった場合の返金補償あり

【申し込み】10分で完了!ハチドリ電力への切り替えが簡単だと評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ

現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればハチドリ電力の公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次