どこよりも電気の評判は?デメリットまで新電力会社のサラリーマンが解説

どこよりも電気評判

電力会社の切り替え先として『どこよりも電気』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安についてわかりやすく解説していきます。

  • どこよりも電気の特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較
契約前の確認事項

  • 供給エリア
  • 北陸、四国、沖縄、離島を除いたエリアに対応

  • 初期費用
  • 0円

  • 解約金
  • 0円

  • 支払い方法
  • クレジットカード、Paidy翌月払

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

どこよりも電気とは

株式会社Wiz(ワイズ)の新電力サービス『どこよりも電気』。同社は電力小売事業のほかにもいくつも事業を手掛けており、そのうちひとつであるWiFi・ウォーターサーバーは電気とセットで契約することが可能です。

気になる料金水準はというと新電力会社の中では平均的な料金水準です。料金プランは基本料金0円プランで電力量料金(電力単価)は新電力会社で人気のLooopでんきより安く設定されています。

・WiFi、ウォーターサーバーとセット割引あり
・人気の基本料金0円プラン

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

口コミや評判からみるどこよりも電気のメリット・デメリット

新電力会社のメリット・デメリット

【デメリット】どこよりも電気を利用する際の注意点

デメリット
どこよりも電気へ切り替える際に気をつけていただきたいポイントがひとつあります。

大手電力会社から新電力会社へ切り替えると電気料金が節約できるのが大きなメリットですが、どこよりも電気の場合は電気使用量が少ないとかえって割高になる傾向にあります。

特に1人暮らしのように電気使用量が少ない方は、どこよりも電気はおすすめできません。※極端に電気使用量が少ない場合は基本料金0円なので、大手電力会社よりお得になります。

各エリアごとに1人暮らしのように電気使用量が少ない方でもお得になる新電力会社を別ページで紹介しているので、あてはまる方はそちらをご覧ください。
関連ページ:【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング

【メリット】どこよりも電気の強みや特徴

メリット

・セット割引でさらにお得
・新電力会社の平均的な料金よりさらに安い

セット割引でさらにお得

どこよりも電気はお得な電気料金がさらにお得になるセット割引があります。

同社の提供するウォーターサーバー、WiFiとセットで契約することで最大で年間3,600円お得になります。どちらか片方のサービスを利用の方は毎月100円割引、両方を利用の方は毎月300円割引となります。もちろん、既に対象のサービスを利用中の方もどこよりも電気を契約すると適応されるので安心してください。

新電力会社の平均的な料金よりさらに安い

どこよりも電気の料金水準は他の新電力会社と比較してもお得な料金設定だと言えます。

ファミリー層であれば、毎年10,000円以上お得になるので切り替える以外の手はないでしょう。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

安いと評判!どこよりも電気の電気料金について解説

電気料金

新電力会社へ切り替える最大のメリットはなんといっても電気料金を節約できることです。

では、大手電力会社からどこよりも電気へ切り替えることでどの程度の電気料金を節約することができるのでしょうか。どこよりも電気の料金プラン、使用量に応じた料金シュミレーションをつかって解説していきます。※極端に電気使用量が少ない場合は基本料金0円なので、大手電力会社よりお得になります。

各エリアごとに1人暮らしのように電気使用量が少ない方でもお得になる新電力会社を別ページで紹介しているので、あてはまる方はそちらをご覧ください。
関連ページ:【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング

【料金プラン】どこよりも電気と大手電力会社を比較

どこよりも電気のプランC、大手電力会社の従量電灯プランの比較になります。

どこよりも電気のプランCは基本料金が0円な分、大手電力会社のプランと比べて電力量料金(電力単価)はやや高く設定されていますが、電気を使えば使うほどどんどんお得になっていきます。

電気使用量が少ない1人暮らしのような方はどこよりも電気に切り替えることでかえって電気代が高くなってしまう場合があるので気を付けましょう。※極端に電気使用量が少ない場合は基本料金0円なので、大手電力会社よりお得になります。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア
種別・区分 どこよりも電気 北海道電力
基本料金 20A 623.80円 682.00円
30A 930.70円 1,023.00円
40A 1,237.60円 1,364.00円
50A 1,544.50円 1,705.00円
60A 1,851.40円 2,046.00円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 28.55円 23.97円
120kWh~280kWh 30.26円
280kWh~ 33.98円
種別・区分 どこよりも電気 東北電力
基本料金 20A 604.00円 660.00円
30A 901.00円 990.00円
40A 1,198.00円 1,320.00円
50A 1,495.00円 1,650.00円
60A 1,792.00円 1,980.00円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 24.15円 18.58円
120kWh~300kWh 25.33円
300kWh~ 29.28円
種別・区分 どこよりも電気 東京電力
基本料金 20A 524.80円 572.00円
30A 782.20円 858.00円
40A 1,039.60円 1,144.00円
50A 1,297.00円 1,430.00円
60A 1,554.40円 1,716.00円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 25.15円 19.88円
120kWh~300kWh 26.48円
300kWh~ 30.57円
種別・区分 どこよりも電気 中部電力
基本料金 20A 524.80円 572円
30A 782.20円 858円
40A 1,039.60円 1,144円
50A 1297.00円 1,430円
60A 1,554.40円 1,716円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 24.75円 21.04円
120kWh~300kWh 25.51円
300kWh~ 28.46円
種別・区分 どこよりも電気 関西電力
最低料金
~15kWhまで含む
316.92円 341.01円
電力量料金(円/kWh) 15~120kWh 25.15円 20.31円
120kWh~300kWh 25.71円
300kWh~ 28.70円
種別・区分 どこよりも電気 中国電力
最低料金
~15kWhまで含む
313.63円 336.87円
電力量料金(円/kWh) 15~120kWh 26.05円 20.76円
120kWh~300kWh 27.44円
300kWh~ 29.56円
種別・区分 どこよりも電気 九州電力
基本料金 20A 544.60円 594円
30A 811.90円 891円
40A 1,079.20円 1,188円
50A 1,346.50円 1,485円
60A 1,613.80円 1,782円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 22.35円 17.46円
120kWh~300kWh 23.06円
300kWh~ 26.06円

【電気代比較】どこよりも電気は大手電力会社よりどれだけ安い?

一般家庭向けの料金プランであるどこよりも電気のCプラン大手電力会社の従量電灯プランの世帯人数別年間電気代の料金シュミレーションです。大手電力会社と比較してどの程度安くなるのか一目でわかります。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア +5,280円 -2,352円 -6,024円 -9,684円 -13,356円
東北電力エリア +6,924円 +1,320円 -2,148円 -5,628円 -9,096円
東京電力エリア +6,540円 +552円 -3,048円 -6,636円 -10,236円
中部電力エリア +4,500円 +564円 -2,004円 -4,572円 -7,140円
関西電力エリア +5,616円 +2,472円 +336円 -1,788円 -3,924円
中国電力エリア +5,892円 +1,284円 -828円 -2,928円 -5,040円
九州電力エリア +6,192円 +2,328円 -252円 -2,832円 -5,424円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

【画像付きで解説】10分で申し込み完了!どこよりも電気への切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ

現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあれば公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。※引越しを伴う契約時は上記の情報は必要ありません。

関連ページ:たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

どこよりも電気への申し込み方法を画像付きで詳しく解説
手順1

どこよりも電気の公式サイトから『無料でお申し込みをする』をクリック
どこよりも電気HP

手順2

手順1をすませるとこちらの申し込みフォームへ移動します。

はじめに説明した現在の電力会社の『契約名義』、『供給地点番号』、『お客様番号』に加え、メールアドレスや支払い方法を入力してください。

入力情報に不備がなければ、どこよりも電気から受付完了の連絡が届き、申し込み完了です。

あとは切り替え完了を待つのみです。タイミングにもよりますが、通常であれば1ヶ月以内に現在の電力会社からどこよりも電気への切り替えが完了します。
どこよりも電気申し込みフォーム

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次