【浦和レッズファン注目】レッズでんきの評判は?デメリットまで解説

電力会社の切り替え先として『レッズでんき』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安についてわかりやすく解説していきます。

  • 特徴
  • 口コミ、評判
  • 他社との比較
契約前の確認事項
供給エリア

東京電力エリア

初期費用

0円

解約金

0円

支払い方法

クレジットカード

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

レッズでんきとは

浦和レッズのパートナーである堀川産業株式会社の新電力サービス『レッズでんき』。電気料金が安くなることが新電力会社へ切り替える大きなメリットのひとつですが、他社にはないレッズでんきならではのキャンペーンや特典があります。

気になる料金水準はというと、新電力会社の平均的な電気料金と比較するとやや割高です。とにかく電気代を安くしたいのであれば他社を選ぶべきでしょう。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【デメリット】口コミ・評判からみるレッズでんき利用時の注意点

デメリット
  • 電気料金は他社に見劣りする
  • 1人暮らしの方には不向き
  • 燃料費調整額に上限がない

電気料金は平均と比較して高い

レッズでんきの一般家庭向けの料金プランであるレッズ応援プランBを利用した場合の電気料金は、ほかの新電力会社の平均的な金額と比較すると、やや割高だと言えます。

とにかく電気料金を安くしたいのであれば、他社を利用することをおすすめします。

1人暮らしは電気代が高くなる可能性大

レッズでんきの一般家庭向けの料金プランであるレッズ応援プランBの電力量料金(電力単価)は使用量に3段階に値段が変化します。120kWhまでの使用だと電力量料金が東京電力の従量電灯Bより割高になるので、使用量が少ないであろう1人暮らしのような方の場合は電気代がかえって高くなってしまう傾向にあります。

気になる方は料金プランについて解説しているのでそちらを参考にしてください。

【メリット】口コミ・評判からみるレッズでんきの強みや特徴

メリット
  • 24時間365日駆けつけサービス
  • 電気代の一部が浦和レッズへの支援金へ
  • オリジナル特典、キャンペーン

24時間365日の駆けつけサービス

24時間365日いつでも電気に関するトラブルに業者が駆けつけてくれるサービスがレッズでんきを利用することで無料で付帯します。出張費・60分以内の作業は無料です。

通常は10,000円ほどかかるサービスなのでとてもお得だと言えます。

電気代の一部が浦和レッズへの支援金に充てられる

レッズでんきオリジナルの特典やキャンペーン

新電力会社に切り替えることで商品券がもらえたり一定期間、基本料金が無料になるような特典やキャンペーンが実施されています。

レッズでんきの場合、浦和レッズにちなんだキャンペーンや特典があるので、他社にはない浦和レッズファンのためのサービスとなっています。

現在は浦和レッズのエンブレムが刻印された本革ネームタグが新規加入特典としてプレゼントされています。(2021/10/20時点)
過去にはレッズでんきオリジナルクオカードや、サイン入りユニフォームが配られています。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

安いと評判!レッズでんきの電気料金について解説

電気料金


新電力会社へ切り替える最大のメリットはなんといっても電気料金を節約できることです。

では、東京電力からレッズでんきへ切り替えることでどの程度の電気料金を節約することができるのでしょうか。レッズでんきの料金プランから、使用量に応じた料金シュミレーションをつかって解説していきます。

【料金プラン】レッズでんきと東京電力の違いを確認しよう

レッズでんきのレッズ応援Bプランと東京電力の従量電灯プランの比較になります。

種別・区分ENEOSでんき東京電力
基本料金20A572円572円
30A858円858円
40A1,144円1,144円
50A1,430円1,430円
60A1,716円1,716円
電力量料金(円/kWh)~120kWh21.40円19.88円
120kWh~300kWh24.50円26.48円
300kWh~27.00円30.57円

【電気代比較】レッズでんきは東京電力よりどれだけ安い?

一般家庭向けの料金プランであるレッズでんきのレッズ応援プランBと東京電力の従量電灯Bプランの世帯人数別年間電気代の比較になります。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
レッズ応援プランB+1,476円
46,500円
-4,244円
110,232円
-6,372円
129,864円
-8,508円
149,496円
-10,656円
169,128円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

【申し込み方法】10分で完了!レッズでんきへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればレッズでんきの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。※引越しを伴う契約時は上記の情報は必要ありません。

関連ページ:たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次