J:COM電力の評判は?電力会社が教えたくない情報までとことん解説

J:COM電力評判

電力会社の切り替え先として『J:COM電力』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の疑問や不安についてわかりやすく解説していきます。

  • J:COM電力の特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較

【事前確認】この記事を読む前に、、、

  • 供給エリア
  • 北海道、東北、関東、関西、四国、九州エリア

  • 初期費用
  • 0円

  • 解約金
  • 0円

  • 支払い方法
  • クレジットカード、口座振替

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

目次

J:COM電力とは

100万世帯で利用されている人気の『J:COM電力』はJ:COM株式会社によって運営されている新電力サービスです。同社は電力サービスの他にもネット回線やガス、映像サービスなどを手がけており、電気とセットで申し込むことでお得に利用することができます。※他サービスとセットでないと利用できないと誤った情報を記載しているWEBサイトを見かけましたが、「J:COM電力だけでも利用することが可能。」と公式サイトに明記されてます。

気になる料金面はというと、新電力の中では平均を下回る水準で他社と比較するとお得ではありません。ただ、大手電力会社と比較するとお得になるのは間違いありません。また、他のサービスとのセット割引や、キャンペーンを利用することでさらにお得にすることが可能です。

それではJ:COM電力について詳しく解説していきます。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【メリット・デメリット】口コミや評判からみるJ:COM電力

メリット・デメリット

【メリット】J:COM電力の強みや特徴

メリット

J:COM電力を利用した際のメリットは以下になります。

・契約数100万件
・関連サービスとセット利用でさらにお得
・オール電化プランあり

契約数100万件

J:COM電力の公式サイトによると、2021年4月時点で契約者数が100万件を突破しました。

電気料金が安くなるのはわかっているが新電力会社への切り替えをためらっている方の理由として「どこか怪しいと感じてしまう。」といった理由が多く見受けられます。その点でいうと契約数100万件という数字は信頼の裏付けともいえるのではないでしょうか。

関連サービスとセット利用でさらにお得

J:COM株式会社には電気の他にケーブルテレビやガスのサービスがあり、セットで契約することで毎月の固定費をさらに節約することができます。もちろん、電気のみでも契約も可能です。

オール電化プランあり

新電力会社にはめずらしくオール電化プランが用意されています。

しかし、J:COM電力に限らず新電力会社のオール電化プランへ切り替えようと検討されている方は要注意です。東日本大震災を機に大手電力会社のオール電化プランは値上がりしました。

現在、大手電力会社のオール電化プランを利用されている方は、震災前にオール電化を始めたのか、震災後にオール電化を始めたのかをチェックしてください。震災前の大手電力会社のオール電化プランならばそのままで、震災後のオール電化プランであれば新電力会社のオール電化プランに切り替えることをオススメします。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【デメリット】J:COM電力を契約する前の注意点

デメリット

J:COM電力を利用した際のデメリットは「電気料金が他社と比較して高い。」という点です。

電気料金を節約するために新電力会社へ切り替える方が多い中で、致命的だともいえます。企業としての認知度がある分、契約者数こそ多いですが最安水準の他社であれば、J:COM電力の実に2倍以上は電気料金を節約することが可能です。

気になる方はエリア別におすすめの新電力会社をまとめたページ、世帯人数や使用量に応じたの節約額が一目でわかる一覧表など用意しているので、そちらを参考にしてみてください。

安いと評判?J:COM電力の電気料金について

電気料金

【料金プラン】J:COM電力と大手電力会社の比較

J:COM電力と大手電力会社の違いは『電力量料金(電力単価)』にあります。

基本的に全てのエリアに共通して電力量料金は電気の使用量に応じて1段階目(~120kWh)〇〇円、2段階目(120kWh~300kWh)〇〇円、、、のように3段階の料金設定がされています。

J:COM電力は各エリアの大手電力会社の料金設定から

  • 1段階目:0.5%OFF
  • 2段階目:1%OFF
  • 3段階目:10%OFF

上記のように電力量料金が割安に設定されています。なのでJ:COM電力を利用するのであれば、最低でも毎月の電気使用量が300kWh以上でないとお得だとは言い難いです。

また、東京電力エリアのようにアンペア制が用いられている場合の基本料金、関西電力エリアのように最低料金制が用いられている場合の最低料金は大手電力会社と同じ料金設定がされています。

【電気料金】J:COM電力は大手電力会社よりいくら安くなる?

各エリアの大手電力会社の従量電灯プラン(一般家庭で最も利用されている料金プラン)とJ:COM電力の料金プランの世帯別年間電気代の比較になります。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア
従量B
-288円
53,304円
-3,612円
129,816円
-5,640円
152,268円
-7,680円
174,708円
-9,720円
197,148円
東北電力エリア
従量B
-228円
43,560円
-2,448円
108,468円
-4,200円
128,244円
-5,952円
148,020円
-7,716円
167,784円
東京電力エリア
従量B
-240円
44,784円
-2,544円
111,912円
-4,392円
131,844円
-6,216円
151,788円
-8,052円
171,732円
関西電力エリア
従量A
-216円
38,712円
-2,412円
100,020円
-4,128円
115,524円
-5,856円
131,016円
-7,572円
146,520円
中国電力エリア
従量A
-228円
39,840円
-2,496円
104,700円
-4,272円
120,660円
-6,036円
136,632円
-7,812円
152,592円
九州電力エリア
従量B
-216円
40,356円
-2,196円
99,084円
-3,756円
116,724円
-5,316円
134,364円
-6,888円
151,992円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

J:COM電力の最新キャンペーン情報

2022/1/31までに申し込むと『電力スタート割』が適用され戸建住宅は最大7,920円、集合住宅は最大3,960円割引になります。(2021/11/1)

J:COM電力の公式サイトをみる

\簡単10分で申し込み!初期費用・解約金0円/

【申し込み方法】10分で完了!J:COM電力への切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればJ:COM電力の公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

関連ページ:たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次