小田急でんきの評判は?電力会社が教えたくないところまで徹底解説

小田急でんき評判

電力会社の切り替え先として『小田急でんき』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような切り替え前の気になる疑問や不安について解説していきます。

  • 小田急でんきとは
  • メリット・デメリット
  • 他社との比較
契約前の確認事項
供給エリア

東京電力エリア

初期費用

0円

解約金

0円

支払い方法

クレジットカード、口座振替

目次

小田急でんきとは


小田急電鉄が2019年4月から始めた電力小売事業が『小田急でんき』。電力小売事業を始めて日が浅く、利用者としては大丈夫なのか?と不安はあります。ちなみに同じ鉄道会社としては、東急電鉄が2016年より供給を始め現在では東急沿線エリアを中心に多くの方に利用されています。

気になる料金面はというと、東京電力エリアの新電力会社の中では、安さで競合他社に見劣りします。

OPカード(小田急ポイントカード)をメインのクレジットカードとして利用されている方は要チェック

【メリット・デメリット】口コミや評判からみる小田急でんき

新電力会社のメリット・デメリット

「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
・電気料金が安くなる
・大手にはない独自の特典、料金プラン

デメリット
・倒産、撤退してしまう可能性が大手と比べて高い
・かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

新電力会社について詳しく知りたい方↓
● 【徹底解説】新電力とは一体何?基礎的な仕組みなどわかりやすく解説

メリット|小田急でんきの強みは特徴

メリット

小田急でんきのメリットは以下です。

  • OPカード(小田急ポイントカード)があると更にお得
  • 駆けつけサービスが無料で付帯
  • アイカサが無料で使える

OPカード(小田急ポイントカード)があれば更にお得

OPカードでの支払いで、電気代の実質1%がポイントとして還元されます。ONE会員登録でさらに0.5%分のポイントが還元されるので合わせると電気代の1.5%分がポイントとして還元されるということになります。
30Aの契約で月に350kWh使用する2人暮らしだと年間で約1648ポイントたまるという計算になります。
※ガスとセットで利用した場合。

駆けつけサービスが無料で付帯


電気がつかない、ブレーカーが落ちたのような些細なトラブルにも24時間365日いつでも業者が駆けつけてくれるサービスがあります。

デメリット|小田急でんきを利用する際の注意点

デメリット

小田急でんきのデメリットは以下です。

  • 20Aの契約不可
  • 料金水準は平均を下回る
  • 燃料費調整単価に上限がない

20Aの契約不可

電気をあまり使わない1人暮らしのような方には基本的に20Aの契約ができない電力会社はオススメしません。小田急でんきも例外ではなく、世帯人数2人以上であれば検討してもいいと言えます。

料金水準は平均を下回る

地域電力である東京電力の標準的なプランと比べるともちろん電気料金は安くなります。しかし、新電力の中では平均的な水準を下回ります。新電力の中には知名度が低い会社が多く、利用している側としては不安があるかもしれませんが料金面では非常に優秀な会社がたくさんあります。

燃料費調整額に上限がない

小田急でんきは大手電力会社とは違って、燃料費調整額に上限がありません。

燃料費調整額とは、燃料の価格変動を電気料金に反映するもので、新電力会社はもちろん大手電力会社も含めて全ての電力会社が導入している制度です。燃料費調整額に上限がない小田急でんきは燃料価格が高騰した際、燃料調整費に上限がある大手電力会社の従量電灯プランよりも電気料金が高くなってしまう場合があります。

小田急でんきに限った話ではなく、燃料価格の高騰に伴い多くの新電力会社が燃料価格の変動を電気料金に反映する仕組みを導入しました。燃料価格が安上がりな時期は非常にお得ですが、高騰した場合は燃料価格の変動に左右されない大手電力会社より割高になってしまう場合があります。

小田急でんきの電気料金について|安いと評判

電気料金

料金プラン

小田急でんきの料金プランは以下の3種類です。

  • Sプラン
  • Mプラン
  • グリーンプラン

他にもLプランがありますが、一般家庭向けの料金プランは上記の3種類です。それでは、各料金プランについて解説していきます。

Sプラン

電気使用量が少ない方へ向けた料金プラン(一人暮らし、二人暮らしなど)

種別・区分小田急でんき東京電力
基本料金20A契約不可572円
30A858円858円
40A1,144円1,144円
50A1,430円1,430円
60A1,716円1,716円
電力量料金(円/kWh)~120kWh19.84円19.88円
120kWh~300kWh25.34円26.48円
300kWh~27.19円30.57円

Mプラン

電気使用量が多い方へ向けた料金プラン(ファミリー層、ペットを飼っている)

種別・区分小田急でんき東京電力
基本料金20A契約不可572円
30A858円858円
40A1,144円1,144円
50A1,430円1,430円
60A1,716円1,716円
電力量料金(円/kWh)~120kWh23.63円19.88円
120kWh~300kWh23.83円26.48円
300kWh~26.38円30.57円

グリーンプラン

いつもの電気に森林由来のJ-クレジットの環境価値を付加することで、供給された電気の使用に伴うCO2排出量を相殺可能になり、実質的にCO2フリーの電気をご使用いただける環境にやさしいプランです。

電気料金は東京電力の従量電灯プランと同額なので、電気料金は変わらず環境に配慮した電気を利用することが可能

料金シュミレーション

東京電力の従量電灯Bと小田急でんきのSプラン・Mプランを利用した際の料金シュミレーションになります。なお、燃料費調整額の上限が設定されていないため、燃料価格が高騰した際は以下の試算値より高くなる場合があるので予めご理解ください。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
東京電力エリア
Sプラン
契約不可-4,548円
109,908円
-6,576円
129,660円
-8,604円
149,400円
-10,632円
169,152円
東京電力エリア
Mプラン
契約不可-4,435円
110,021円
-6,955円
129,281円
-9,463円
148,541円
-11,983円
167,801円

●【一覧表】東京電力エリアで契約できる新電力の電気代比較

小田急でんきの最新キャンペーン情報

現在、キャンペーンは実施されていません。(2022/11/1時点)

少しでもお得に電力会社へ切り替えたい場合は、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』を利用するのがオススメです。エネチェンジを使って電力会社の切り替えを行うことで、キャッシュバックやギフト券を受け取ることができます。

ご利用エリアや電力使用状況、生活スタイルに関する質問に回答するだけで、あなたに適した電力会社を選び、申し込みを行ってくれます。

「初めての電力会社切り替えでどの会社・プランを選んだらいいかわからない。」、「少しでもお得に乗り換えたい。」という方にはぴったりです。エネチェンジ公式サイトはこちら

  • 適した電力会社を選んでくれる
  • キャッシュバック・ギフト券などの特典
  • 万が一、電気料金が高くなった場合は返金補償

【申し込み方法】小田急でんきへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ

現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあれば小田急でんきの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

●たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次