シンエナジーの評判は?電力会社勤務の社員の視点でみる新電力

シンエナジー評判
現在、シンエナジーは新規の申し込み受付を一時的に停止しております。

当サイトでは、別ページにておすすめの新電力会社ランキング電気料金の節約額が一目でわかる一覧表を掲載しているので、新電力への切り替えを検討されている方はそちらをご覧ください。

また、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』のご利用もおすすめです。ギフト券やキャッシュバック、万が一電気料金が高くなった場合の返金保証などが特徴。

電力会社の切り替え先として『シンエナジー』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安についてわかりやすく解説していきます。

  • シンエナジーの特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較
シンエナジー契約前の確認事項

  • 供給エリア
  • 北海道、離島を除いたエリアに対応

  • 初期費用
  • 0円

  • 解約金
  • 0円

  • 支払い方法
  • クレジットカード、口座振替に対応

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

シンエナジーとは

はじめに「シンエナジーって会社なんて聞いたことない!」という方のために会社について触れていきます。

兵庫県に本社を置く、シンエナジー株式会社は三井物産やオリックスなど大企業からの出資によって1993年9月に設立されました。当時は洸陽電機エンジニアリングという名ものと設立され、2018年4月に現在の『シンエナジー株式会社』に社名が変更されました。

設立当時からエネルギー事業を手掛けており知名度こそありませんが、信用できる会社ではないでしょうか。

肝心の料金水準はというと、新電力の中では平均的な水準ではないでしょうか。標準的な料金プランからライフスタイルに合わせたものまで提供していて、2020年1月時点で全国で1,000万件を超えました。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【デメリット】シンエナジー利用時の注意点

デメリット

・20Aの契約不可
・料金プランを選ぶ際は要検討

20Aの契約不可

アンペア制が採用されているエリア(東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、九州電力エリア)では20Aでの契約ができません。

1人暮らしのように電気使用量が少ない方は契約アンペア数は20Aで十分な場合が多いです。よってアンペア制が採用されているエリアでは1人暮らしの方にはおすすめすることができません。

逆に最低料金制がとられているエリア(関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、沖縄電力エリア)に在住の1人暮らしの方にはおすすめすることができ、料金水準も最安だといえます。

料金プランを選ぶ際は要検討

シンエナジーの一般家庭向けの料金プランは『きほんプラン』、『【夜】生活フィットプラン』、『【昼】生活フィットプラン』があります。

きほんプランであれば問題ありませんが、生活フィットプランを選ぶ際はじっくりと検討することをおすすめします。時間帯によって電力量料金(電力単価)が変動する料金プランが大きな特徴です。

私自身、時間帯によって電力量料金が変動する料金プランへ切り替えた経験がありますが、時間帯を意識して電気使用量に気をつけるのは大変でした。実際、「かえって電気代が高くなってしまった。」という口コミや評判が見受けられます。『きほんプラン』でもじゅうぶんお得な料金プランなので、そちらを選ぶのが無難でしょう。

【メリット】シンエナジーの強みや特徴

メリット

・毎月行われる福引チャレンジ
・電気代に応じてマイルポイント還元

毎月行われる福引チャレンジ

月に一度、シンエナジーのマイページで福引にチャレンジすることができます。毎月100人の方に電気代『最大10,000円分』割引がプレゼントされます。
当選確率は公表されておらず当たるかどうかはさておき、あっても損はないので嬉しい取り組みですね。

電気代に応じてJALのマイルポイントがたまる

毎月の電気代に応じて200円につき1ポイントのJALマイルポイントがたまります。旅行好きの方は要チェックです。
シンエナジーJALマイル

【電気代比較】安いって評判は本当!シンエナジーVS大手電力会社

シンエナジーのきほんプランと各エリア大手電力会社の世帯人数別年間電気代の比較になります。
※電気代に応じて付与されるJALマイル、一的なキャンペーンは考慮しておりません。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
東北電力エリア 契約不可 -3,960円
106,956円
-5,496円
126,948円
-7,023円
146,949円
-8,568円
166,932円
東京電力エリア 契約不可 -6,768円
107,688円
-8,844円
127,392円
-10,920円
147,084円
-12,996円
166,788円
中部電力エリア 契約不可 -6,792円
105,972円
-8,832円
124,440円
-10,920円
142,860円
-12,984円
161,304円
北陸電力エリア 契約不可 -3,516円
91,884円
-4,020円
108,348円
-4,524円
124,812円
-5,040円
141,264円
関西電力エリア -1,740円
37,188円
-5,976円
96,456円
-6,816円
112,836円
-7,656円
129,216円
-8,496円
145,596円
中国電力エリア -2,268円
37,800円
-7,872円
99,324円
-8,988円
115,944円
-10,104円
132,564円
-11,220円
149,184円
四国電力エリア -1,512円
39,780円
-4,044円
104,124円
-5,652円
120,816円
-7,272円
137,496円
-8,880円
154,188円
九州電力エリア 契約不可 -5,592円
95,688円
-7,488円
112,992円
-9,528円
130,152円
-12,348円
146,532円
沖縄電力エリア -888円
44,484円
-3,840円
111,096円
-5,016円
128,208円
-6,180円
145,320円
-7,356円
162,432円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

申し込み方法|10分で完了!シンエナジーへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればシンエナジーの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

関連ページ:たったコレだけ?!意外と知らない簡単な電力会社の切り替え方法

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次