ソフトバンクでんきの評判は?電力会社に勤務の社員がとことん解説

ソフトバンクでんき評判

電力会社の切り替え先として『ソフトバンクでんき』を検討されている方へ向けた記事になっています。

  • ソフトバンクでんきの特徴は?
  • 気になる口コミや評判
  • 他社と比べて安くなるのか

このような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安はこの記事を読んでいただければ解決するはずです。

契約前の確認事項

  • 供給エリア
  • 北陸、九州エリア以外のエリアに対応

  • 違約・解約金
  • 550円の解約金が発生します。料金プラン、契約期間かかわらずソフトバンクでんきを契約した場合は間違いなく発生します。

  • 支払い方法
  • クレジットカード、口座振替

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

ソフトバンクでんきとは

みなさんご存知の大企業ソフトバンクが提供する『ソフトバンクでんき』はネームバリューがあり、多くの方に利用されています。「ソフトバンクが提供しているから大丈夫!」と他の新電力との比較もせずに契約しようとされている方には、待ったをかけたいです。

たしかに従来の東京電力のプランから、ソフトバンクでんきの標準的なプランである『おうちでんき』に乗り換えることで間違いなく電気代を節約することができます。しかし、料金水準は新電力会社の中では割高でお世辞にもお得な料金プランだとは言えません。

それでもソフトバンクでんきが人気を集めるのにはネームバリュー以外にも「セット割引が適用されるハードルの低さ」、2020年2月から1年以上続いている「電気代が1ヶ月間無料になるキャンペーン」が大きな理由ではないでしょうか。

それでは、ソフトバンクでんきについて詳しく解説していきます。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【メリット・デメリット】口コミ・評判からみるソフトバンクでんき

新電力会社のメリット・デメリット

「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
・電気料金が安くなる
・大手にはない独自の特典、料金プラン

デメリット
・倒産、撤退してしまう可能性が大手と比べて高い
・かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

新電力会社について詳しく知りたい方↓
● 【徹底解説】新電力とは一体何?基礎的な仕組みなどわかりやすく解説

ソフトバンクでんきの口コミ・評判からみるメリット

メリット

  • 支払いをまとめることができる
  • 24時間365日の駆けつけサービス

支払いをまとめることができる

ソフトバンクやワイモバイルのスマホ回線やソフトバンク光・Airの光回線を利用中の方は、おうち割が適用されてさらにまとめて支払うことができるので毎月の固定費の計算が楽になります。特にワイモバイルのような格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクのような大手通信キャリアと比べると、とても割安です。

ソフトバンクでんきに切り替えるタイミングでスマホ料金も見直してみてはいかがでしょうか。実際に私もワイモバイルではないですが格安SIMを利用していて、月々のスマホ料金は2,000円ほどです。

24時間365日の駆けつけサービス


『おうちレスキュー』という名前で契約者全員に無料で24時間365日、身の回りのトラブルに業者が駆けつけてくれます。出張費、30分以内の作業は無料で受けることができます。
※東京電力エリアでは契約中は付帯してきますが、他のエリアだと契約後に2年間経つと付帯してきません。

ソフトバンクでんきの口コミ・評判からみるデメリット

デメリット

  • 電気代が高くなった
  • 99.9%解約金が必要になる

電気代が高くなった

ソフトバンクでんきに限らずですが、東京電力から新電力に切り替えたことで電気代が高くなったという口コミ・評判をチラホラ目にします。特にソフトバンクでんきに関してはそのような口コミが多く感じられたので取り上げました。

ソフトバンクでんきは新電力の中でも特に料金水準が高めで、東京電力のような地域電力とほとんど料金は変わりません。電気代が安くなったのを実感しにくいので「ソフトバンクでんきに切り替えると電気代が高くなった!」と感じる方が他社と比べて多いようです。

正直な話をすると、従来の東京電力の料金プラン(従量電灯プラン)からソフトバンクでんきの「おうちでんき」に乗り換えることで電気代が安くなることは間違いありません。他の電力会社の口コミや評判にも同じことが言えます。

99.9%解約金が必要になる

ソフトバンクでんきと契約すると、契約プラン・料金プランに関わらず550円の解約金が発生します。比較的に良心的な値段ですが、必ず発生するものなので事前にソフトバンクでんきに切り替えて問題ないかどうか深く検討しましょう。

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【比較】電気代が安いって評判は本当!ソフトバンクでんきと大手電力会社を比べてみた

ソフトバンクでんきと大手電力会社の一般家庭向けの料金プランの世帯別年間電気代の比較になります。

  • おうちでんき
  • くらしでんき
  • 自然でんき
1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア -1,776円
51,816円
-2,554円
130,884円
-2,748円
155,160円
-2,952円
179,436円
-3,156円
203,712円
東北電力エリア -1,692円
42,096円
-2,340円
108,576円
-2,520円
129,924円
-2,700円
151,272円
-2,880円
172,620円
東京電力エリア -1,716円
43,308円
-2,376円
112,080円
-2,568円
133,668円
-2,748円
155,256円
-2,940円
176,844円
中部電力エリア -1,740円
44,604円
-2,376円
110,388円
-2,544円
130,728円
-2,724円
151,056円
-2,892円
171,396円
関西電力エリア -2,580円
36,348円
-6,024円
96,408円
-6,564円
113,088円
-7,104円
129,768円
-7,644円
146,448円
中国電力エリア -1,680円
38,388円
-2,364円
104,832円
-2,544円
122,388円
-2,724円
139,944円
-2,904円
157,500円
四国電力エリア -1,692円
39,600円
-2,364円
105,804円
-2,544円
123,924円
-2,736円
142,032円
-2,916円
160,152円
沖縄電力エリア -1,728円
43,644円
-2,436円
112,500円
-2,628円
130,596円
-2,808円
148,692円
-3,000円
166,788円
1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア -672円
52,920円
-3,516円
129,912円
-4,536円
153,372円
-5,556円
176,832円
-6,576円
200,292円
東北電力エリア -552円
43,236円
-2,808円
108,108円
-3,684円
128,760円
-4,572円
149,400円
-5,548円
170,052円
東京電力エリア -576円
44,448円
-2,928円
111,528円
-3,852円
132,384円
-4,764円
153,240円
-5,688円
174,096円
中部電力エリア -600円
45,744円
-2,832円
109,932円
-3,696円
129,576円
-4,548円
149,232円
-5,412円
168,876円
関西電力エリア -540円
38,388円
-2,820円
99,612円
-3,684円
115,968円
-4,548円
132,324円
-5,412円
148,680円
中国電力エリア -564円
39,504円
-2,940円
104,256円
-3,828円
121,104円
-4,716円
137,952円
-5,604円
154,800円
四国電力エリア -564円
40,728円
-2,940円
105,228円
-3,852円
122,616円
-4,776円
139,992円
-5,688円
157,380円
九州電力エリア -516円
40,056円
-2,568円
98,712円
-3,348円
117,132円
-4,140円
135,540円
-4,920円
153,960円
沖縄電力エリア -612円
44,760円
-3,072円
111,864円
-3,996円
129,228円
-4,908円
146,592円
-5,832円
163,956円
1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア +3,228円
56,820円
-840円
132,588円
-6,372円
151,536円
-11,916円
170,472円
-17,448円
189,420円
東北電力エリア +5,712円
49,500円
+4,584円
115,500円
-444円
132,000円
-5,472円
148,500円
-10,500円
165,000円
東京電力エリア +2,640円
47,664円
-3,240円
111,216円
-9,132円
127,104円
-15,012円
142,992円
-20,904円
158,880円
中部電力エリア +3,156円
49,500円
+2,736円
115,500円
-1,272円
132,000円
-5,280円
148,500円
-9,288円
165,000円
関西電力エリア +3,228円
42,156円
-4,068円
98,364円
-7,236円
112,416円
-10,404円
126,468円
-13,572円
140,520円
中国電力エリア +5,760円
45,828円
-264円
106,932円
-2,724円
122,208円
-5,184円
137,484円
-7,644円
152,760円
四国電力エリア +4,536円
45,828円
-1,236円
106,932円
-4,260円
122,208円
-7,284円
137,484円
-10,308円
152,760円
九州電力エリア +3,420円
43,992円
+1,368円
102,648円
-3,168円
117,312円
-7,704円
131,976円
-12,240円
146,640円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

最新キャンペーン情報

申し込み方法

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ

現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればソフトバンクでんきの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

関連記事:たったコレだけ?!意外と知らない簡単な電力会社の切り替え方法

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

国内最大級の電力比較サイトエネチェンジはこちら

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次