Japan(ジャパン)電力は怪しい?評判は?電気のプロが徹底解説

Japan電力の評判

Japan電力への切り替えを悩まれている方へ向けた内容となっております。

  • Japan電力の特徴
  • 気になる評判・口コミ
  • 他社との比較

このような新電力会社へ切り替える前の悩みや不安について、新電力会社で働くサラリーマンがわかりやすく解説していきます。

契約前の確認事項

供給エリア
沖縄、離島を除いた全国エリア
初期費用
0円
解約金
3,000円
支払い方法
クレジットカード、口座振替

\キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

目次

Japan(ジャパン)電力とは


1995年設立、大阪に本社を置く太陽光関連企業アンフィニ株式会社が提供している新電力サービスです。太陽光関連の事業を展開していることもあり、戸建て住宅であれば10年間契約の縛りがありますが、無料で太陽光パネルを設置することができます。
※2022/2/15より、電力小売り事業はJapan電力株式会社へ移転されました。

それではJapan電力について詳しく解説していきます。

キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

【メリット・デメリット】口コミや評判からみるJapan電力

新電力会社のメリット・デメリット

「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
  • 電気料金が安くなる
  • 大手にはない独自の料金プラン・特典
デメリット
  • 倒産・撤退してしまう可能性あり
  • かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

新電力会社について詳しく知りたい方↓
● 【徹底解説】新電力とは一体何?基礎的な仕組みなどわかりやすく解説

Japan(ジャパン)電力の口コミ・評判からみるメリット

メリット

以前は、電気料金の安さや解約金がなく気軽に切り替えられる点が魅力的でした。

2022年現在、電気料金高騰を受け料金プラン改定があり、卸電力取引所の取引価格が電気料金に影響する料金プランに変更されました。取引価格が不安定な現在は電気料金が高騰するリスクが大きく、これといったメリットが見当たらないため、Japan電力への切り替えはおすすめできません。

Japan(ジャパン)電力の口コミ・評判からみるデメリット

デメリット

Japan電力を利用する際のデメリットは以下になります。

  • 料金高騰の恐れがある料金プラン
  • 電気使用量が少ない方には割高
  • その他サービスが充実していない

料金高騰の恐れがある料金プラン

Japan電力の料金プランは卸電力取引所の取引価格が電気代に影響を与えるものに変更されました。2022年現在は取引価格が不安定でメリットよりデメリットの方が大きく、電気代が高くなってしまう可能性が高くおすすめできる新電力会社ではありません。

別ページにて、Japan電力のような取引価格が電気代に反映される料金プランについて解説しているので気になる方はご覧ください。
●電気代高騰の原因!一部新電力が導入した【電源調達調整費】について

電気使用量が少ない方には割高

Japan電力に限らず、基本料金0円の料金プランはファミリー層向けであり、一人暮らしのように電気使用量が比較的少ない方にとってはかえって電気料金が高くなってしまう場合があります。

例外として、極端に電気使用量が少ない場合は基本料金が0円な分、電気料金を大きく節約することができます。(平日は家に帰って寝るだけ、別荘などセカンドハウスをお持ちの方など)

その他サービスが充実していない

ポイント特典やセット割引、トラブル時の無料駆けつけサービスなどが付帯してくる電力会社がある中でJapan電力はそのようなサービスは一切ありません。

キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

Japan(ジャパン)電力の電気料金について|安いと評判

電気料金

料金プラン

※2022/5/16以降の電気料金値上げを反映しております。

エリア基本料金~400kWh400kWh~
北海道0円30.00円/kWh29.00円/kWh
東北0円27.00円/kWh26.00円/kWh
東京0円27.00円/kWh26.00円/kWh
中部0円27.00円/kWh26.50円/kWh
北陸0円26.00円/kWh25.00円/kWh
関西0円26.00円/kWh25.00円/kWh
中国0円26.00円/kWh25.00円/kWh
四国0円26.00円/kWh25.00円/kWh
九州0円26.00円/kWh25.00円/kWh

料金シュミレーション

スクロールできます
1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア+408円-7,428円-13,908円-20,988円-28,068円
東北電力エリア+4,812円+2,484円-2,844円-8,772円-14,700円
東京電力エリア+3,576円-1,056円-6,636円-12,804円-18,984円
中部電力エリア+2,256円+636円-3,672円-8,580円-13,488円
北陸電力エリア+7,488円+13,800円+12,432円+10,464円+8,496円
関西電力エリア+7,872円+6,768円+5,148円+2,928円+708円
中国電力エリア+6,732円+2,004円-132円-2,868円-5,604円
四国電力エリア+5,508円+1,032円-1,668円-4,968円-8,268円
九州電力エリア+6,228円+7,920円+4,320円+120円-4,080円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

最新キャンペーン情報

現在、キャンペーンは実施されていません。(2022/11/1時点)

少しでもお得に電力会社へ切り替えたい場合は、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』を利用するのがオススメです。エネチェンジを使って電力会社の切り替えを行うことで、キャッシュバックやギフト券を受け取ることができます。

ご利用エリアや電力使用状況、生活スタイルに関する質問に回答するだけで、あなたに適した電力会社を選び、申し込みを行ってくれます。

「初めての電力会社切り替えでどの会社・プランを選んだらいいかわからない。」、「少しでもお得に乗り換えたい。」という方にはぴったりです。エネチェンジ公式サイトはこちら

  • 適した電力会社を選んでくれる
  • キャッシュバック・ギフト券などの特典
  • 万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証

【申し込み方法】切り替えが簡単って評判は本当!Japan(ジャパン)電力利用開始までの流れ

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ

現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればJapan電力の公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

キャッシュバック・ギフト券など特典あり/

万が一、電気料金が高くなった場合の返金保証あり!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次