Looopでんきの評判は?電力会社が教えたくない情報まで網羅的に解説

Looopでんき評判

現在、Looopでんきは新規の申し込み受付を一時的に停止しております。
当サイトでは、別ページにておすすめの新電力会社ランキング年間電気代比較表を掲載しているので気になる方はそちらをご覧ください。
また、国内最大級の電力会社比較サイト【エネチェンジ】のご利用もおすすめです。ギフト券やキャッシュバック特典の他に万が一、電気料金が高くなってしまった場合の返金保証があります。

電力会社の切り替え先として『Looopでんき』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる疑問や不安について解説していきます。

  • looopでんきの特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較
Looopでんき契約前の確認事項
供給エリア

離島を除いた全国エリア

初期費用

0円

解約金

0円

支払い方法

クレジットカードのみ

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

Looopでんきとは


Looopでんきは、『基本料金0円』『電力量料金一律』のシンプルでわかりやすい料金プランを提供していて、初めて新電力会社へ切り替える方にも人気です。

新電力のなかでは限られた地域でのみ電力を供給している会社も多いですが、Looopでんきは離島を除くと全国で利用されていて、人気の裏付けとも言えます。

電気料金だけで電力会社を決めるのであれば、Looopでんき以外にも『あしたでんき』のように価格が安く設定されている会社もありますが、ガスとのセットプランがなかったりと一長一短なので様々な側面から自分にあった電力会社へ切り替えましょう。

【メリット・デメリット】口コミや評判からみるLooopでんき

新電力会社のメリット・デメリット

「新電力会社についてあまり詳しくないよ。」という方へ向けて、そもそも新電力会社へ切り替えるメリット・デメリットについて簡単に解説しておきます。

メリット
  • 電気料金が安くなる
  • 大手にはない独自の料金プラン・特典
デメリット
  • 倒産・撤退してしまう可能性あり
  • かえって電気料金が高くなってしまう可能性あり

以上の4点が大手電力会社から新電力会社へ切り替えることの主なメリット・デメリットだと考えてください。

新電力会社について詳しく知りたい方↓
● 【徹底解説】新電力とは一体何?基礎的な仕組みなどわかりやすく解説

【メリット】Looopでんきの強みや特徴

メリット

Looopでんきへ切り替えるメリットは以下のようになります。

  • 24時間365日の駆けつけサービス
  • 基本料金0円プラン
  • ガスとのセット割引

24時間365日の駆けつけサービス

電気がつかない、停電、コンセントが焦げ臭いなどのトラブルに業者が24時間365日いつでも駆けつけてくれるサービスが無料で付帯してきます。

出張費、60分以内の作業は全て無料になります。作業に特殊工具や部品交換が必要な場合は別途費用が発生しますが、通常は10,000円ほどかかってしまうのでとてもお得なサービスです。

※東京電力エリアの方のみに付帯

人気の基本料金0円プラン

Looopでんきの魅力のひとつは人気の基本料金0円プランです。

基本料金0円プランはその名の通り、基本料金が0円で電気料金は使った分だけ請求されます。ペットを飼っている方やファミリー層にオススメの料金プランです。

同じく基本料金0円プランを提供する競合他社の料金をまとめました。

会社名供給エリア料金単価(円/kWh)
Looopでんき全国28.80円
親指でんき北陸、沖縄を除いたエリア26.40円
サステナブルでんき沖縄を除いた全国27.90円
ピタでん沖縄を除いた全国25.71円
楽天でんき全国エリア29.45円
0円でんき北海道、東北、沖縄電力エリア以外27.80円
ONEでんき沖縄を除いた全国28.80円

※東京電力エリアの料金設定を例として使用しております。

ガスとのセット割引でさらにお得


Looopのガスと電気をセットで契約することで電力量料金(電力単価)が2%割引になります。

電力会社だけでなく、ガス会社も自由に好きな会社を選ぶことができるので、現在契約されているガス会社とLooopのガス料金を比較して検討しましょう。

【デメリット】Looopでんきを契約する際の注意点

デメリット


Looopでんきへ切り替える際のデメリット・注意点は以下になります。

  • 1人暮らしの方は電気料金が高くなる傾向
  • オール電化プランはかえって電気料金が高くなる傾向
  • 電気料金高騰の恐れがある料金プランに変更

一人暮らしの方は電気料金が高くなる傾向

Looopでんきに限らずですが、基本料金0円プランは電気使用量が比較的に少ない一人暮らしのような方が利用するとかえって電気料金が高くなってしまう場合があるので気を付けましょう。

当サイトでは一人暮らしの方でも電気料金を節約できる新電力会社をランキング形式で紹介しているので気になる方はそちらをご覧ください。

オール電化プランはかえって電気料金が高くなる可能性あり

新電力会社にはめずらしくオール電化プランが用意されています。しかし、大手電力会社のオール電化プランからの切り替える際は電気料金がかえって電気料金が高くなる可能性があるので要注意です。

現在、大手電力会社のオール電化プランを利用されている方は、東日本大震災前(2011/3/11)にオール電化を始めたのか、震災後にオール電化を始めたのかをチェックしてください。震災前の大手電力会社のオール電化プランならば切り替えの必要はありません。震災後のオール電化プランであれば新電力会社のオール電化プランに切り替えることを検討する余地があります。

電気料金高騰の恐れがある料金プランに変更

Looopでんきの料金プランは卸電力取引所の取引価格が電気代に影響を与えるものに変更されました。2022年現在は取引価格が不安定でメリットよりデメリットの方が大きく、電気代が高くなってしまう可能性が高くおすすめできる新電力会社ではありません。

別ページにて、Looopでんきのような取引価格が電気代に反映される料金プランについて解説しているので気になる方はご覧ください。
●電気代高騰の原因!一部新電力が導入した【電源調達調整費】について

【電気料金】安いと評判のLooopでんき

電気料金

料金プラン

Looopでんきの主な料金プランは以下の2種類です。

・おうちプラン

・スマートタイムプラン

おうちプラン|一般家庭向け

2022/6/1より電気料金が値上げされたものを反映しております。

北海道電力エリア
種別・区分Looopでんき北海道電力
基本料金20A0円682円
30A1,023円
40A1,364円
50A1,705円
60A2,046円
電力量料金(円/kWh)~120kWh32.00円23.97円
120kWh~280kWh30.26円
280kWh~33.98円
東北電力エリア
種別・区分Looopでんき東北電力
基本料金20A0円660円
30A990円
40A1,320円
50A1,650円
60A1,980円
電力量料金(円/kWh)~120kWh28.00円18.58円
120kWh~300kWh25.33円
300kWh~29.28円
東京電力エリア
種別・区分Looopでんき東京電力
基本料金20A0円572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
電力量料金(円/kWh)~120kWh28.00円19.88円
120kWh~300kWh26.48円
300kWh~30.57円
中部電力エリア
種別・区分Looopでんき中部電力
基本料金20A0円572円
30A858円
40A1,144円
50A1,430円
60A1,716円
電力量料金(円/kWh)~120kWh28.50円21.04円
120kWh~300kWh25.51円
300kWh~28.46円
北陸電力エリア
種別・区分Looopでんき北陸電力
基本料金20A0円484円
30A726円
40A968円
50A1,210円
60A1,452円
電力量料金(円/kWh)~120kWh25.50円17.84円
120kWh~300kWh21.73円
300kWh~23.44円
関西電力エリア
種類・区分Looopでんき関西電力
最低料金0円341.01円
~15kWhまで含む
電力量料金(円/kWh)~120kWh25.50円20.31円
15~120kWh
120~300kWh25.71円
300kWh~28.70円
中国電力エリア
種類・区分Looopでんき中国電力
最低料金0円336.87円
~15kWhまで含む
電力量料金(円/kWh)~120kWh26.50円20.76円
15~120kWh
120~300kWh27.44円
300kWh~29.56円
四国電力エリア
種類・区分Looopでんき四国電力
最低料金0円411.10円
~11kWhまで含む
電力量料金(円/kWh)~120kWh26.90円20.37円
11~120kWh
120~300kWh26.99円
300kWh~30.50円
九州電力エリア
種別・区分Looopでんき九州電力
基本料金20A0円594円
30A891円
40A1,188円
50A1,485円
60A1,782円
電力量料金(円/kWh)~120kWh25.40円17.46円
120kWh~300kWh23.06円
300kWh~2.606円
沖縄電力エリア
種類・区分Looopでんき沖縄電力
最低料金0円402.20円
~10kWhまで含む
電力量料金(円/kWh)~120kWh25.50円22.95円
10~120kWh
120~300kWh28.49円
300kWh~30.47円

スマートタイムプラン|オール電化

※修正・加筆中

料金シュミレーション

Looopでんきのおうちプランと各地域の大手電力会社の従量電灯プランの世帯別年間電気代を比較しました。
※2022/6/1より電気料金が値上げされました。

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア
おうちプラン
+4,008円+972円-4,308円-9,588円-14,868円
東北電力エリア
おうちプラン
+6,612円+6,684円+1,956円-2,772円-7,500円
東京電力エリア
おうちプラン
+6,816円+6,504円+2,004円-2,484円-6,984円
中部電力エリア
おうちプラン
+4,956円+6,936円+3,528円+120円-3,288円
北陸電力エリア
おうちプラン
+6,588円+11,700円+10,032円+8,364円+6,696円
関西電力エリア
おうちプラン
+6,972円+4,668円+2,748円+828円-1,092円
中国電力エリア
おうちプラン
+7,632円+4,104円+2,268円+432円-1,404円
四国電力エリア
おうちプラン
+7,128円+4,812円+2,652円+492円-1,668円
九州電力エリア
おうちプラン
+5,148円+5,400円+1,440円-2,520円-6,480円
沖縄電力エリア
おうちプラン
+5,928円
48,600円
+4,764円
113,400円
+3,576円
129,600円
+2,400円
145,800円
+1,212円
162,000円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

Looopでんきの最新キャンペーン情報

現在キャンペーンは実施されていません。(2022/2/1時点)

少しでもお得に電力会社へ切り替えたい場合は、国内最大級の電力比較サイト『エネチェンジ』を利用するのがオススメです。エネチェンジを使って電力会社の切り替えを行うことで、キャッシュバックやギフト券を受け取ることができます。

ご利用エリアや電力使用状況、生活スタイルに関する質問に回答するだけで、あなたに適した電力会社を選び、申し込みを行ってくれます。

「初めての電力会社切り替えでどの会社・プランを選んだらいいかわからない。」、「少しでもお得に乗り換えたい。」という方にはぴったりです。エネチェンジ公式サイトはこちら

エネチェンジの特徴
  • 適した電力会社を選んでくれる
  • キャッシュバック、ギフト券がもらえる
  • 電気料金が高くなった場合の返金補償あり

【申し込み方法】10分で完了!Looopでんきへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればLooopでんきの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

たったコレだけ?!電力会社の切り替え方法を電力会社員がわかりやすく解説

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次