ピタでんの評判は?デメリットにさえ目をつぶれば業界最安水準!

ピタでん評判

電力会社の切り替え先として『ピタでん』を検討されている方へ向けて、新電力会社で働くサラリーマンが以下のような電力会社切り替え前の気になる不安や疑問についてわかりやすく解説をしていきます。

  • ピタでんの特徴
  • 気になる口コミや評判
  • 他社との比較
契約前の確認事項

  • 供給エリア
  • 離島、沖縄を除いた全国エリア

  • 初期費用
  • 0円

  • 解約金
  • 1年未満の解約で解約金2,200円

  • 支払い方法
  • クレジットカード

あわせて読みたい
【エリア別】新電力会社で働くサラリーマンのおすすめランキング 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア
目次

ピタでんとは

ピタでんHP

株式会社F-Powerの新電力サービス『ピタでん』。2020年末から2021年にかけた電力卸売価格の高騰により経営が傾き、2021年3月に会社更生法を申請しましたが、事業自体は問題なく継続しており、新規の契約も可能です。

気になる料金面はというと、新電力会社の中では最安水準といって間違いありません。しかし、1人暮らしのように電気使用量が少なくなりがちな人は電気代が割高になる傾向があるので、他社を選ぶべきでしょう。ファミリー層向けの新電力会社です。

・新電力会社の中で最安水準
・1年未満の解約で解約金2,200円
・2021年3月に会社更生法を申請

口コミや評判からみるピタでんのメリット・デメリット

メリット・デメリット

【デメリット】ピタでんを利用する際の注意点

・1年未満の解約で解約金2,200円

・経営難により会社更生法を申請

・電気使用量が少ないと割高になる可能性大

1年未満の解約で解約金2,200円

契約から1年未満の解約で2,200円の解約金が必要になります。
1年経過以降の解約の際は解約金は一切発生しないので安心してください。

もし、解約金に不安があるようであればピタでんより少し割高にはなってしまいますが、『Looopでんき』や『あしたでんき』がピタでんと同じ基本料金0円プランが用意されており、解約金の心配なく利用することができます。

経営難により会社更生法を申請

ピタでんは電力卸売価格の高騰により経営が傾き、2021年3月に会社更生法を申請しています。

会社再生法とは、破産手続きのように会社が消滅するわけではなく、会社の事業をこれまで通り継続しつつ再建を図る手続きのことです。

実際に現在もピタでんはスポンサー企業(GLPグループ)の支援によって事業を継続しており、新規契約も受け付けています。

電気使用量が少ないと割高になる可能性大

ピタでんの『使いたい放題』、『使った分だけ』どちらの料金プランも2人暮らし〜ファミリー向けの料金プランだと言えます。

電気使用量が少なくなりがちな1人暮らしの方が利用すると電気代が割高になる可能性が高いのでおすすめすることはできません。別ページでエリア別に1人暮らしの方でもお得に利用できる新電力会社を紹介しているのでそちらをご覧ください。

【メリット】ピタでんの強みや特徴

・新電力会社の中では最安水準

・人気の基本料金0円プラン

新電力会社の中では最安水準

ピタでんの料金水準は安くて人気の新電力会社といわれている他社と比較しても、さらに安い新電力会社です。

先ほど解説した「解約金がかかる」、「会社更生法を申請している」以上の2つのデメリットを気にしないのであれば、ピタでんで間違いありません。

人気の基本料金0円プラン

ピタでんの料金プラン『使った分だけ』は基本料金0円プランです。

2016年4月より、一般家庭でも自由に電力会社を選ぶことができるようになりました。初めて電力会社を切り替えるということもあり、シンプルでわかりやすい料金プランが好まれているのかもしれません。

ピタでんの他にも『Looopでんき』や『あしたでんき』が同じ基本料金0円プランで人気を集めています。

安いと評判!気になるピタでんの電気料金について解説

電気料金

【料金プラン】ピタでんと大手電力会社の比較

ピタでんの料金プランが以下の2種類です。

  • 使いたい放題
  • 電力使用量が500kWh以下であれば、基本料金のみの支払いでOK。500kWhを超えた場合はその分が上乗せされます。

    毎月の支払いが安定し、電気使用量が500kWh前後だととてもお得なのが大きな特徴です。しかし、500kWhを大きく下回る場合は少し損をするということになります。

  • 使った分だけ
  • 人気の基本料金0円プランです。使った分だけ電気代として請求されるので、初めて電力会社を切り替える方にもわかりやすく、やさしい料金プランです。

それではピタでんで人気の料金プラン『使った分だけ』と各エリア大手電力会社の一般家庭向けの料金プランである従量電灯プランと比較していきます。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 中部電力エリア
  • 北陸電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 四国電力エリア
  • 九州電力エリア
種別・区分 ピタでん 北海道電力
基本料金 20A 0円 682円
30A 1,023円
40A 1,364円
50A 1,705円
60A 2,046円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 28.77円 23.97円
120kWh~280kWh 30.26円
280kWh~ 33.98円
種別・区分 ピタでん 東北電力
基本料金 20A 0円 660円
30A 990円
40A 1,320円
50A 1,650円
60A 1,980円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 25.71円 18.58円
120kWh~300kWh 25.33円
300kWh~ 29.28円
種別・区分 ピタでん 東京電力
基本料金 20A 0円 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 25.71円 19.88円
120kWh~300kWh 26.48円
300kWh~ 30.57円
種別・区分 ピタでん 中部電力
基本料金 20A 0円 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円
60A 1,716円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 25.71円 21.04円
120kWh~300kWh 25.51円
300kWh~ 28.46円
種別・区分 ピタでん 北陸電力
基本料金 20A 0円 484円
30A 726円
40A 968円
50A 1,210円
60A 1,452円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 21.13円 17.84円
120kWh~300kWh 21.73円
300kWh~ 23.44円
種別・区分 ピタでん 関西電力
最低料金 0円 341.01円
~15kWhまで含む
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 21.59円 20.31円
15~120kWh
120kWh~300kWh 25.71円
300kWh~ 28.70円
種別・区分 ピタでん 中国電力
最低料金 0円 336.87円
~15kWhまで含む
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 23.57円 20.76円
15~120kWh
120kWh~300kWh 27.44円
300kWh~ 29.56円
種別・区分 ピタでん 四国電力
最低料金 0円 411.40円
~11kWhまで含む
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 23.93円 20.37円
11~120kWh
120kWh~300kWh 26.99円
300kWh~ 30.50円
種別・区分 ピタでん 九州電力
基本料金 20A 0円 594円
30A 891円
40A 1,188円
50A 1,485円
60A 1,782円
電力量料金(円/kWh) ~120kWh 22.66円 17.46円
120kWh~300kWh 23.06円
300kWh~ 26.06円

【電気代比較】ピタでんは大手電力会社よりどれくらい安くなる?

1人
20A/月150kWh
2人
30A/月350kWh
3人
40A/月400kWh
4人
50A/月450kWh
5人
60A/月500kWh
北海道電力エリア -1,812円
51,780円
-12,600円
120,828円
-19,812円
138,096円
-27,036円
155,352円
-34,248円
172,620円
東北電力エリア +2,484円
46,272円
-2,940円
107,976円
-9,036円
123,408円
-15,144円
138,828円
-21,204円
154,260円
東京電力エリア +1,248円
46,272円
-6,480円
107,976円
-12,828円
123,408円
-19,176円
138,828円
-25,524円
154,260円
中部電力エリア +72円
46,272円
-4,788円
107,976円
-9,864円
123,408円
-14,952円
138,828円
-20,028円
154,260円
北陸電力エリア -1,284円
38,028円
-6,660円
88,740円
-10,944円
101,424円
-15,240円
114,096円
-19,524円
126,780円
関西電力エリア -72円
38,856円
-11,760円
90,672円
-16,020円
103,632円
-20,292円
116,580円
-24,552円
129,540円
中国電力エリア +2,352円
42,420円
-8,208円
98,988円
-11,796円
113,136円
-15,396円
127,272円
-18,984円
141,420円
四国電力エリア +1,776円
43,068円
-7,668円
100,500円
-11,604円
114,864円
-15,552円
129,216円
-19,488円
143,580円
九州電力エリア +216円
40,788円
-6,108円
95,172円
-11,712円
108,768円
-17,316円
122,364円
-22,920円
135,960円
あわせて読みたい
【エリア別】世帯人数別の年間電気代比較表 北海道電力エリア 東北電力エリア 東京電力エリア 中部電力エリア 北陸電力エリア 関西電力エリア 中国電力エリア 四国電力エリア 九州電力エリア 沖縄電力エリア

【申し込み方法】WEBから10分で完了!ピタでんへの切り替えが簡単と評判

新電力への申し込みから切り替え完了までの手続きの流れ
現在、契約している電力会社の

  • 契約名義
  • 供給地点番号
  • お客様番号(契約番号)

の3つの情報を用意するだけで10分もあればピタでんの公式サイトから申し込みが完了します。検針票もしくはWEBページから3つの情報を確認することができます。
申し込み後、入力情報に不備がなければ、切替日の連絡が来てその日に電力の切り替えが行われます。

「電力会社切り替え時は解約の手続きは必要ですか?」という質問をたくさんいただきますが、引越しをする際を除くと旧電力会社と解約の手続きは必要ありません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次